FX初心者にオススメのFXアカデミー

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、移動平均線の上下に加えた指標のことで、

「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用した

テクニカル指標のひとつとなります。

 

ジョン・ボリンジャー氏が考案した指標のため、

ボリンジャーバンドと名づけられました。

 

※移動平均線から

一番近い線の間で値が動く確率(1次標準偏差、1σ)=約68.3%

二番目の線の間で値が動く確率(2次標準偏差、2σ)=約95.5%

三番目の線の間で値が動く確率(3次標準偏差、3σ)=約99.7%

 

プロのトレーダーも参考にしている方が多いと有名な指標のひとつです。

 

FX用語集

 

▼FXアカデミーのオススメコンテンツ

1.そもそもFXって何?

2.なんでFXがオススメなの?(FXの魅力とリスクについて)

3.無料で口座開設してみよう(FX会社比較)

4.FX攻略のノウハウを学ぼう