FX初心者にオススメのFXアカデミー

イギリスのEU離脱について

2016年の6月、国民投票により、イギリスのEU離脱が決まりました。

 

一時的にニュースにはなりましたが、

ヨーロッパで起きているお話のため、

詳細を把握されている方は少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、イギリスがEUを離脱した理由や、

今後への影響について、本サイトの考察をご案内いたします。

 

まずイギリスがEUを離脱することとなった理由についてですが、

一番の理由は、移民問題です。

 

EUに加盟している場合、EUに加盟している国であれば、

どこにでも住めるし、どこでも働けるというルールがあります。

 

すると、労働賃金の高いイギリスに貧困層の人々が流れ込み、

元々イギリスにいたイギリス人から、職を奪っていきました。

 

そこで、イギリス人から不満が爆発し、

国民投票に至った流れとなります。

 

これまで、EUから離脱した国は一つもなかったため、

市場の不安心理により、ポンドもユーロも大きく下落しました。

 

今後の為替への影響については、

上記例のように、EUによって縛られていたルールから

イギリスは解放されるため、ポンド高、ポンド安への誘導が

行いやすくなります。

 

ポンドが高くなるのか、安くなるのかまでは現時点ではわかりませんが、

イギリスの政策や、財界人の発言などが、

市場に与える影響は大きくなっていきますので、

それらをより注視していく必要があるかと思われます。

 

なお余談となりますが、歴史学者として有名な

エマニュエル・トッド氏は、今回のイギリスによるEUの離脱は、

グローバリズムからナショナリズムへの回帰という、

大きな歴史の流れの一部ととらえているようです。

 

短期的な為替の行方に限らず、

そういったマクロの視点にも興味のある方は、

是非こちらも参考にしてみてください。

 

 

※1.「EU」は、「ユーロ」と異なる概念のため、

  混同されないようにご注意ください。

 

▼FXアカデミーのオススメコンテンツ

1.そもそもFXって何?

2.なんでFXがオススメなの?(FXの魅力とリスクについて)

3.無料で口座開設してみよう(FX会社比較)

4.FX攻略のノウハウを学ぼう